フロアコーティングの種類

フロアコーティングにも種類があるのも知っていましたか?自分の好みで選びましょう。 - フロアコーティングの種類と耐久性

フロアコーティングの種類と耐久性

家のエントランスや、持ちビルの通路のエントランスがなんとなくみすぼらしい。部屋のフローリングが傷んできた。そんな時に板を張り替えずに美しく変身できたり、そうなる前の防御ができたりするのが、コーティングです。経費を押さえて美しく丈夫に修繕するには最適な方法です。
しかし、コーティングといってもいろいろな種類があり、予算や使用期間との兼ね合いでどれから選べばいいのか悩んでしまうのではないでしょうか?
フロアコーティングの目的
コーティングの目的は、「保護」「美観」「性能アップ」があります。腐敗や日差しから守ったり、傷んだ部分を補強したり、断熱効果を上げたりします。それに伴った素材が必要となってきます。
フロアコーティングの素材
コーティング材は、主にアクリル樹脂、ウレタン系樹脂、液体ガラス系樹脂があります。ウレタンにUV加工がされた丈夫なものなども人気です。
現在主流はウレタン、比較的安価で3年から10年の耐久性があります。ガラスやウレタンにUV加工がされたものは比較的長く、20年以上。しかしお値段もそれ相応にかかります。アクリル系樹脂にシリコンをまぜたものは水をはじく効果がありながらも空気を通すため、フローリングの耐久性を非常に高めます。薬品もはじくので、病院やペットのいるお宅などで愛用されていますが、耐久は10年程度でウレタンよりもやや高価です。また取り扱いが少ないので、業者を選ぶ際には、どんな素材をどんな値段で取り扱っているかよくチェックしましょう。お家ではリラックスした気分でいたい方、フロアコーティングで快適な毎日をおくりましょう。きっと自分のお家が好きになるでしょう。
新築の家のフローリングを保護したい、引っ越し前にペットが床を傷つけないようにコーティングしたい、ピカピカの床の家に住みたい、フロアコーティングをしようと思う理由はいろいろありますが、やっぱりネックはお金です。
安かろう、悪かろうでは困りますが、高ければそれだけいいかというとそれは考えものです。しっかり種類とお値段を把握しておきましょう。
quujktd
一番高く人気なのはUVコーティング
最近人気なのがウレタンに紫外線を当てて一瞬で乾燥させる、UVコーティングです。ピアノのように艶のある仕上がりで、実に高級感があります。すぐに乾くので即日入居でるため、住みながら直したい方にも最適です。30?で20万円以上と高価ですが、はがしにくいUVコーティングは長い時間を過ごすリビングに、永い期間つかわれるものです。安さに惑わされず、一生もののつもりで、しっかりした仕事をしてくれる業者に頼むようにしましょう。傷が付きにくいガラスコートも同程度のお値段です。
コスパにすぐれたシリコンコーティング
30?で15万円程度のシリコンコーティング。滑りにくく、コンタクトレンズと同じ素材なので、安全性に長けています。自然乾燥のため、すぐに入居はできませんが、はがれにくくつやもあり高級感があります。新築や引っ越し前の方などに好まれています。
床暖房にも適応。適応力のウレタンコーティング
耐久年数は5年程度と短いながらも、種類が多く、床暖房用や水に強い製品もあります。費用もシリコンの半分程度と抑えであるのが特徴です。

Copyright(C)2015 フロアコーティングの種類 All Rights Reserved.